子供が生まれて1ヶ月検診に行った時でした。そこには援助交際を高校の時に知られて学校を中退したアヤがいました。アヤとは高校の時はすごく仲が良かったけれど、援助交際を知った時からあまり会話をする事がなくなり、学校を辞めてからは一切連絡すら取っていませんでした。だから、今回会うのは5年ぶりでした。 「アヤの子供も生後1ヶ月なの。」「そうだよ。一緒なんだね。元気にしてた。」「うん。」それから私たちは学生の頃戻った感じのように会話が盛り上がり診察が終わってからもすぐには帰らずにお茶をしました。その時です。「アヤだろう。」「健二、久しぶり。この人は私が学生の頃、援助交際した人。」突然の告白で驚きました。だけど、俳優に出てきそうなかっこいい人と援交していたアヤが少し羨ましく思いました。そして、なぜか3人で会話をしました。子供は寝ていたので存在を忘れてしまうほど盛り上がりました。そして3人でラインを交換しました。 愛人にお金をもらう その日の夜、彼からラインがありました。「子供を預けて2人で会えないかな。」そんなの無理だし、私には夫がいる。2人でなんて会えないと思いつつ、魅力的な彼に会いたい気持ちもありました。だから子供を実家に預けて平日の午前中ならと言う条件で会いました。もちろんこの後はいけない関係になるのは目に見えていましたがそれでもいい。それが目的だから。 約束の当日。普段つけないセクシーな下着を着けて彼に会いに行きました。 JC相手の援交
書き込みはまだありません。
222